玉ねぎ、加工品

玉ねぎ、加工品

淡路島の玉ねぎの一番の魅力はその『甘さ』にあります。普通のたまねぎに比べ、淡路島のたまねぎは糖度が4%ほど高くなっています。一般的なトマトの約2倍ほど糖度が高いのです。

もう1つの魅力はとろけるようなやわらかい食感が味わえることです。
瀬戸内海特有の温暖な気候に恵まれ、淡路島はもともと砂地の土壌が中心でした。そのため、たまねぎ栽培に適しているので一般的なたまねぎに比べ、やわらかいのが特徴です。

通常、4ヶ月程度で収穫されることの多い玉ねぎですが、淡路島では6~7ヶ月をかけてじっくり育てられ、5~6月に収穫。収穫された淡路島たまねぎは「玉葱小屋」に吊られ自然の風を利用してゆっくりと乾燥させていきます。
自然乾燥することで甘みをより一層増していくとともに、色つやも際立ってきます。
寒い冬をじっと耐え、寒暖を繰り返す中で少しづつ少しづつふくらみ、たっぷりと旨味と栄養をその身につけていくのです。

2件の結果を表示中

2件の結果を表示中